【PR】この記事はアフィリエイト広告を利用しています。

スロット・パチンコ情報

パチンコ屋の会員カードのメリットとデメリット!

 

パチンコ屋のほとんどが、そのパチンコ屋で使える専用の会員カードがあります。

 

会員カードを作るとこんなメリット・デメリットがあります。

 

メリット

貯玉・貯メダルできる

再プレイできる

端数が貯玉・貯メダルできる

延長遊戯できる

 

デメリット

パチンコ屋に個人情報がバレる

没収の可能性がある

 

この記事では、メリット・デメリットについて説明していきたいと思います。

 

貯玉・貯メダルできる

 

パチンコやパチスロを打っていて、出た出玉をカードに貯めることができます。1枚のカードで、パチンコの玉もパチスロのメダルも貯められます。

 

貯玉・貯メダルすることによって、いつでも好きなときに景品交換することが可能です。

 

会員カードがないと、その日のうちに交換しないといけないので、急いでいたりするときは便利です。

 

ただし会員カードを作ったお店じゃないと、交換することができません。同じお店の名前で、市町村が違うだけでもダメ。作ったお店じゃないとダメです。

 

再プレイできる

 

貯玉・貯メダルした玉とメダルは、基本的に再プレイできます。再プレイは、貯めている玉やメダルを交換せずに遊戯台で打つことができます。

 

なので会員カードに玉やメダルを貯めていれば、会員カードだけ持っていけば打てるわけです。

 

飲み物やタバコも、メダルや玉で交換可能なので、小銭も必要ありません。というかサイフいらないです。サイフは盗られる危険があるので、会員カードだけなら安心。

 

端数が貯玉・貯メダルできる

 

パチンコ屋で打っていて、その日に出た出玉を景品に必ず交換する人。交換したときに、特殊景品に交換できない端数の余りを、いらないお菓子とかにしてませんか?

 

この端数の余りを、会員カードがあれば貯めておくことができます。

 

1回1回は少ない端数かもしれないけど、毎回交換するときに端数を貯めていったら、打てるくらい貯まっていきます。

 

延長遊戯できる

 

昔はあまり見かけなかったけど、今は会員カードがあれば、5分間とか10分間延長して打てるパチンコ屋が増えている気がします。

 

まだまだ確変やATが終わらなくて、まだまだ出玉を獲得できるときに大変便利です。

 

ただし延長遊戯をすると、会員カードに貯めて翌日交換になってしまう可能性があります。

 

なのでその日に交換したい人は、延長遊戯をしないで一般の人と同じ時間に終わらせる必要がある場合もあるので注意してください。

 

パチンコ屋に個人情報がバレる

 

会員カードを作るときは、必ず身分証の提示が必要になってくる可能性が高いです。

 

電話番号・住所・氏名らへんは必ず書きます。パチンコ屋も厳しくしないと、営業停止とかになってしまうのでしょうがないです。

 

没収の可能性がある

 

もしあなたが変な行動をとっていたり、他のお客さんに迷惑をかけたりしたら、貯玉・貯メダルを没収して【出禁】になる可能性があります。

 

普通に打っている分には問題ないのですが、他のお客さんに迷惑になる行為などをして、店側に不利益になるようなことがあれば、すぐさま出禁・出玉没収になる可能性が高いです。

 

なので、パッキーカードを盗んだり、他の人が打っている台の後ろに立って空くのを待ったり、台を叩いたりしたら出禁になるので注意です。

 

まとめ

 

会員カードについて、メリットとデメリットについて説明してきました。

 

メリット

貯玉・貯メダルできる

再プレイできる

端数が貯玉・貯メダルできる

延長遊戯できる

 

デメリット

パチンコ屋に個人情報がバレる

没収の可能性がある

 

デメリットもあるけども、頻繁に通っているマイホールなら、会員カードを作っといたほうが便利に打てると思います。

 

合わせて読みたい

パチスロやパチンコは何歳から遊べるのか?パチンコ屋の年齢制限について。

  今は昔に比べて少なくなったけど、まだまだパチンコ屋は、街中にいっぱいあります。   スーパーやレストランやコンビニなんかは気にせず入れるけど、パチンコ屋はなかなか入りづらい雰囲 ...

続きを見る

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

-スロット・パチンコ情報
-, , ,